アンティーク家具カテゴリー 


10月16日より、営業時間と営業日時に変更がありますのでご来店の際にはご注意ください
   営業時間 9:30~17時
 営業日時 月~金(土日祝 休み※ただし土曜のみ、前日16時までご予約いただいた場合はお越しいただけます)
インターネットでのご注文、その他お問い合わせに関しましては変わりなく随時受け付けております。お気兼ねなくご連絡くださいませ 080-7130-0077
お客さま各位にはご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

  Marie de Magdala 
マグダラのマリア
こちらは18世紀に描かれたマグラダのマリアの油絵です。
マグラダのマリアとはイエスキリストに仕えた聖人の一人で、様々な画家によって数多く描かれてきましたが、その中ではスカル(頭蓋骨)を持って描かれることが多く、一説によるとイエスキリストの死を見届けたゴルゴダの丘の「ゴルゴダ」が頭蓋骨を意味するためと言われています。
こちらの絵の中でもスカルに手を置いて聖書を開くマグラダのマリアの様子が描かれています。

しかし、おどろおどろしい絵かと思えば、まったくそのようなことはありません。
憂いを帯びた表情のマグラダのマリアと、それを見守るエンジェル。
柔らかなタッチと色合いで描かれたマグラダのマリアのふっくらとした頬はピンク色に染まり、ダークな背景に白い肌が浮かび上がります。
女性特有の丸みを帯びたボディラインが優しい印象を与え、エンジェルもまた絶妙な愛らしさです。
背景に溶け込むように描かれたスカルは恐ろしさを感じさせるものではなく、神聖な存在としてマグラダのマリアを支えているようにも見えます。

シャルル10世様式のフレームは19世紀に作られたもの。四隅にデザインされた装飾は非常にエレガントで、ゴールドも大変美しい状態で残っています。
絵画とフレームともに大変古いものですが非常に状態よく、200年以上も前に描かれたものとは到底思えません。
ダークな色合いと柔らかいタッチ、優しい雰囲気のマグラダのマリアと美しいゴールドのフレーム・・ 全てが実にバランスよくまとまった、大変美しい作品です。

タイプ: キャンバス画 スタイル: école française 年代: 18世紀/フレーム:シャルル10世 輸入国: France
材質 ボディ: 表面: 仕上げ:
サイズ 横幅: 51.5 cm 奥行: 5.5 cm 高さ: 43 cm
商品番号: LPC321 / 在庫有り
税込価格: 270 400 円
在庫店舗: ブティック
お電話でもご注文頂けます:
045-294-3243/080-7133-0077
(毎日10:00時~20:00時) 


メールでもご注文頂けます:
laurent@laurentcluet.com