Warning: mysqli_connect(): (28000/1045): Access denied for user 'sddbNDA2OTk1'@'172.17.44.215' (using password: YES) in /export/sd208/www/jp/r/e/gmoserver/4/4/sd0384144/laurentcluet.com/connect.php on line 2

Warning: mysqli_query() expects parameter 1 to be mysqli, boolean given in /export/sd208/www/jp/r/e/gmoserver/4/4/sd0384144/laurentcluet.com/connect.php on line 3
 フランスアンティーク家具 - ロホン フィリップ クルエ


 アンティーク家具カテゴリー 



  le French polish & la collection de Mianville  


  New items  

ただいま当店の商品はお写真が準備できたものより順に、少しずつ掲載しております。
店舗には素敵な商品がたくさん控えております。 お探しのものがございましたらぜひお電話または e-mail にてお問い合わせください。こちらから個別にお写真を送ってご案内させていただきます。
merci beaucoup!

Warning: mysqli_query() expects parameter 1 to be mysqli, boolean given in /export/sd208/www/jp/r/e/gmoserver/4/4/sd0384144/laurentcluet.com/index.php on line 193

Warning: mysqli_fetch_array() expects parameter 1 to be mysqli_result, null given in /export/sd208/www/jp/r/e/gmoserver/4/4/sd0384144/laurentcluet.com/index.php on line 194


 Information 


  Live news  

Warning: mysqli_query() expects parameter 1 to be mysqli, boolean given in /export/sd208/www/jp/r/e/gmoserver/4/4/sd0384144/laurentcluet.com/index.php on line 401

Warning: mysqli_fetch_array() expects parameter 1 to be mysqli_result, null given in /export/sd208/www/jp/r/e/gmoserver/4/4/sd0384144/laurentcluet.com/index.php on line 402

ロホン フィリップ クルエ
アンティーク家具・雑貨
〒230-0052 神奈川県
横浜市鶴見区  生麦5-8-22
駐車場有
最寄り駅:京急線花月園前
お電話でもご注文頂けます:
045-294-3243/080-7133-0077
(毎日9:30時~21:00時)
  メールでもご注文頂けます: laurent@laurentcluet.com



 Laurent  Philippe Cluet   
こんにちは ロホン フィリップ クルエです

私のふるさとは フランスの田舎にあり、家具職人だった父親のもとで、子供のころから家具や木に触れながら育ちました。
はじめは 一本の木
それが アンティーク家具へとなるまでには、長い時間とその過程があります。
さまざまなツール、職人の技術、時代背景などによって それは少しずつ形態を変え、そして人々の生活のなかで 大切に使われることで、深みも増していきます。 そういった歴史が加わることで、一本の木は それ以上の価値のあるものへと変わってゆくのですね。

そんなふうに、すべてのアンティーク家具には 何年にもわたって積み重ねられてきたストーリーが宿っています。
私はそんな背景も すべて一緒にお届けしたくて、ここ日本へもってきました。
家具それぞれの持つ 個性や表情に、 ”Un peu de France:小さなフランス”  を感じていただけたら とても幸せです。

mon atelier

アンティーク家具には、傷や 小さなゆがみ、変色 などが見られる場合があります。
私はそれを、その家具の個性として 大切に守りたいと考えています。
その傷や色合いのひとつひとつが、その家具が 遠い国フランスで、遠い昔からこれまでに、家族とともに長い時間を重ねてきた証・ストーリーなのです。

こんなに素敵に残されてきたものたちをこの先もずっと受け継いでいけるように、 私は 18・19世紀と同じレシピの天然素材の修復材を使い全て手作業で修復することで、家具そのものへの負担を極力少なくすることに努めています。
自然由来の材料や塗料をつかうことは、 家具への負担が少ないのはもちろん、家具と共に過ごす家族の体にも優しい修復方法です。

家具の個性を守りながらも 必要な部分にはしっかりとリストアを施し、そのストーリーが またこの先 長く続いていくための手助けになれば、私にとってこれほど幸せなことはありません。

Remerciements à:
    Tomaso Puntelli (バイオリンメーカー),
    中村良樹 (バイオリンメーカー),
    Laurent Rodriguez (アップホルスタラー),
    武末翔吾 (写真家).